1. トップページ
  2. ブログ・お知らせ
  3. 翡翠(ヒスイ)の聖地、糸魚川めぐり♪
ブログ
翡翠(ヒスイ)の聖地、糸魚川めぐり♪
2019/05/12
パワー充電女子の旅。
糸魚川のヒーリングスポットでキレイも癒しも体験しよう!

ゼロ磁場×マイナスイオン ヒスイの聖地 パワースポット巡り♪
パワースポットと言われる場所は古くからさまざまな『聖地』として伝えられています。この『聖地』を科学的に測定すると、“ゼロ磁場”と“マイナスイオン”の数値が高い場所が見られます。
糸魚川は、こうした聖地の特徴だけでなく、マイナスイオンが「f分の1のゆらぎ」を持ってい現れることがわかったそうです。やすらぎとパワーを得られる翡翠(ヒスイ)の聖地。それが、糸魚川なのです。

《驚異のゼロ磁場パワー》小滝川ヒスイ峡
小滝川ヒスイ峡は、日本ではじめて翡翠(ヒスイ)が見つかった場所であり、国の天然記念物に指定されています。小滝川ひは透明度の高い水が流れる川で、大きな岩がゴロゴロしているのが見えます。白い翡翠に元素が加わり色が付きますが、部分的なものなので緑色の翡翠というのは、非常に貴重なものです。
翡翠(ヒスイ)原石の上では、測定不能なほどのマイナスイオンが発生し、磁場もゼロをします、まさにヒーリングの聖地とも呼べる場所です。

《ヒスイ文化発祥の地》長者ヶ原遺跡
長者ヶ原遺跡は、4,500~3,500年前の縄文時代中期に最も栄え、この時代の集落としては国内で屈指の規模です。遺跡からは、多くの住居跡やたくさんの出土品が発掘され、翡翠(ヒスイ)の勾玉などの生産拠点となっていたことが伺えます。翡翠(ヒスイ)の原石はハンマーで整形しましたが、硬い翡翠(ヒスイ)にどのようにして穴をあけたかは、今のところ謎のままです。この遺跡で作られた糸魚川産の翡翠(ヒスイ)の玉は、東日本を中心に北海道から九州まで、また日本海側だけでなく太平洋側の地域の遺跡からも出土しています。

《きれいな石ころが広がる》ヒスイ海岸
北陸新幹線糸魚川駅から車で5分。砂浜だけでなく、小さな石ころが広がる海岸です。山から流れてきた石ころは、さまざまな種類があり、きれいな石や、時には翡翠(ヒスイ)が見つかることもあります。

『ゼロ磁場×マイナスイオン ヒスイの聖地 パワースポット巡り』をした後は、ホテル國富アネックスの開放的な露天風呂で旅の疲れを癒していただき、レストラン『ラ・パレット』で地元五蔵の地酒とお料理を是非、ご堪能くださいませ。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

【 海と山とのコラボ】焼き本ズワイ蟹と春香る山菜プラン