ホテル國富 翠泉閣

お知らせ

お知らせ

鯉のぼりの雑学part2(いつ片づけるの?)

先日は、いつから鯉のぼりを飾るかをお話しさせていただきました。
今日は、いつまで鯉のぼりを飾っておくか、、、調べてみました!(^^)!

鯉のぼりを、いつまで飾るかと言うと、、、これまた、決まりはないんです!

端午の節句も過ぎたし、梅雨に入る前に、しまえばいいっか、
という、あいまいな基準だそうです。

これも、スッキリさせるために、鯉のぼりをしまう時期を、二十四節気から考えると、

端午の節句(5月5日)を過ぎて、
小満(5月21日ごろ)までがおすすめ!

小満は、植物が大きく成長した(満ちた)頃
と言う意味で、この後は、緑が濃くなっていきます。

心身ともに、さらに子供の成長を願うなら、確かに、小満までが良さそうですね!

また、梅雨に入る前には片づけたい。
なので、
端午の節句を過ぎて、小満までの晴れた日で、
またまた、縁起をかついで、大安の日なら最高なのではないでしょうか!
弁天岩と鯉のぼり
弁天岩ジオサイト 弁天岩と鯉のぼり

それではホテル國富翠泉閣の温泉の純粋なお湯につかり、
心にぬくもりを満たしてみませんか?
普段よりも、大きな浴場季節感あふれる景観は、
日常の入浴よりも心を落ち着けてくれます。
目を閉じればお湯があふれる音が聞こえるばかり。
五感で、全身で、大地の恵みを存分に味わっていただければと思います。

それでは、皆様
姫の川のそばにある隠れ宿、美肌の湯に、お越しくださいませ。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

φ(..)カキカキ K・K

お知らせ一覧へ

ホテル國富 翠泉閣