ホテル國富 翠泉閣

お知らせ

お知らせ

泉質のおはなし pHの違い

かけ流し イメージ

前回は泉質の分類表示について書きましたが

今回は温泉の水素イオン濃度・pHの値による分類について触れてみたいと思います。

 

「なんだかピリピリする感じ」とか、「ぬるぬるした温泉だなー」とか

温泉によって、感触に違いを感じたことはありませんか?

このあたりの温泉の特徴は、pHの違いによる事が多いんです。

 

理科の実験などで、みなさんも触れた事があるかもしれませんが

pHは7.0を中心に、数値が小さい方が酸性、数値が大きい方がアルカリ性となります。

この数字ですが、7.0より遠い方がよりその性質が強くなります。

 

例えば、同じ酸性でも、pH5.0なら弱酸性、pH1.2なら強酸性と言った感じで

同様にアルカリ性なら、pH8.0なら弱アルカリ性、pH11.0なら強アルカリ性、という様な分け方になります。

 

【酸性の温泉の特徴】

・酸の性質が角質を分解します。お肌にピリピリ・ツルツルした感触。

・殺菌作用があります。

 

【アルカリ性の温泉の特徴】

・アルカリの性質が、弱酸性である皮膚のタンパク質を柔かくするので、お肌にヌルヌル感。

(石鹸と同じ作用です)

・お肌の洗浄作用があります。

 

ところで、当館の温泉はpH6.4の弱酸性寄りの「中性」です。

 

中性と言うと、「何だか特徴がなさそう・・・」みたいな感じがするかもしれませんが

お湯は「サラッとなめらか」していて、お肌にじんわりと馴染む感じがとても気持ち良いです。

また「身体に負担が少なく、低刺激」である事も特徴です。

 

酸・アルカリの強い温泉や、成分が濃い温泉など

肌へ触れた時の特徴がはっきりとした温泉は「ガツン」ときますが

その反面、身体への負担が大きいので、長湯・湯あたりなどには注意が必要です。

 

中性の温泉は身体に優しいので、のんびりと入浴を堪能できます。

「温泉旅行でリラックスしたい!」という方には、クセの無い中性の泉質はピッタリですよ。

 

というわけで、酸性・アルカリ性・中性と色々ある訳ですが

一概にどれが優れているという事ではありません。

 

温泉の効果は、前回書いたように、pHの値以外にもいろいろな要素・作用があります。

次回は浸透圧について触れてみたいと思います。

色々な角度から温泉を見てみると、面白いですね!

 

予約課長 備瀬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧へ

ホテル國富 翠泉閣